オープンハウス 東邸

 
 
 
              住宅プロデューサー・東久美子さんのご自宅が南阿蘇に完成し
              オープンハウスにお邪魔した。


画像
 
              
              案内板を頼りに恐る恐る車を進めて行く。本当にこの道でいいのか。
              やがてクヌギ林の奥、急な坂の先に東邸が見えてきた。
              物凄い立地である。地目は誰が見ても「山林」である。
              必要な広さだけクヌギ林を伐採してスペースが確保されている。
              この土地を選んだ東さんの決断が凄い。割り切り方が潔い。                            
               

画像

  
              片流れ屋根2階建ての山荘風住宅だ。
              景観に配慮された黒い鋼板の外壁が引き締まった印象を与える。
               

画像
 
 
              重量のある玄関引き戸を開けると、正面に階段、左にキッチン、右がリビング。
              内壁は所々に土壁が施されているが、殆どはまだ未工事のままである。
              未完成のような、これはこれで完成のような壁だ。
              
               
画像


              この家の見せ場の1つはキッチンのような気がする。
              無骨な業務用高火力バーナーと流しの存在感が凄い。
              「コンクリート打ち放し」はよく見るが、「業務用流し置きっ放し」は珍しい。
              ステンレスの塊、むき出しのパイプがオブジェのように見える。
              こういうのもありだなと思わせる東さん割り切りは楽しい。


画像


              トイレには手ずからの書が飾られ、オリジナルの手洗い器が設置され
              女主人のセンスと趣味の広さを伺わせる。


画像
                2階の第2宴会場(?) 阿蘇外輪山が一望できる
 
              限られた予算の中で、外断熱やペア硝子など住宅の基本性能
              の部分にはしっかりコストを掛け、その他は徹底的にコスト削減を図る。

              未完成の部分は住みこなしながら徐々に完成させていく。

              器や家具や照明など、身近に接するもの達は
              本当にお気に入りのものしか置かない。

              自分にとって何が大事で、何は我慢できるのかをしっかり見極めた結果
              このような気取らない、伸びやかな、発展性のある、その人らしい
              住宅が実現したのだと思う。
               
              勉強になりました。東さん有り難うございます。宴会呼んでください。
               


               

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック