博多の夜

  
 
 
              ACLS1日目終了後、久し振りに若き建築家のS氏と会った。 

 
画像

 
              S氏と会うのは我が家が竣工して以来だから1年半ぶりだ。
              早いなあ、もうそんなに経つんだなあ。
              彼は相変わらずの優しいニコニコ笑顔で迎えてくれた。

              我が家の建築に携わってくれた人たちに会うのは楽しい。
              そこには、幾多の苦労を乗り越えて一つの仕事を成し遂げた
              「同志」に会う感覚がある。              

              この1年半の間
              彼は「独立・事務所開設」そして「双子の坊や誕生」という
              人生の一大イベントを二つも経験していた。
              経済的にはまだまだ厳しい状況であることは容易に想像がつく。
              しかし建築家として大切にしていることだけは
              決して妥協することなく、職能としての道を進んで欲しい。          

 
画像

  

              嗚呼、またしてもまたしても・・・
              飲み会の〆
              ラーメン、替え玉の誘惑に勝てなかった。

           
               
               

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

saga-ra
2010年01月31日 14:58
こんにちは。
先日はとても楽しい時間を過させてもらいました。
ステキな笑顔を懐かしく感じつつ、とても興味深い話をして頂き、
ありがとうございました!
「建築家の職能」、とても大切な部分ですね。
肝に銘じて、これからの建築家道をがんばろうと思います。
今後もどうぞ宜しくお願いします!
あっちゃん
2010年02月02日 00:45
saga-raさんへ 先日はご馳走様でした。
焼き鳥フリークの私も大満足でした。

こちらこそ楽しい時間をありがとうございました。
これからも時々会って飲みましょう。
奥様にもよろしくお伝えください。
           

この記事へのトラックバック