リラックスタイム

 
 
 
              ライトアップされたイロハモミジを眺めながら
              ぬるーいお湯につかって、ぼけーっとする。 
  

画像

 
              サッシを少し開けると
              ひんやりとした夜風がいい塩梅に流れ込んでくる。
              窓の隙間から夜空を見上げると星々が輝いている。

              
         遠い地平線が消えて、ふかぶかとした夜の闇に心を休める時、
         はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、たゆみない宇宙の営みを告げています。
         満天の星をいただく、はてしない光の海をゆたかに流れゆく風に心を開けば、
         きらめく星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂の、なんと饒舌なことでしょうか。
         光と影の境に消えていったはるかな地平線も瞼に浮かんでまいります。
           


              懐かしい城達也さんのナレーションなんか思い出していると、  
              
              「網戸開けてると虫がいっぱい入ってくるでしょ!」
              と妻の声。
                  
 
               

この記事へのコメント

ぞん
2009年05月28日 07:32
あっはっは!
虫もまた風情とはいきませんかw。

ナイスなバスタイムですね。
羨ましいです。
あっちゃん
2009年06月02日 14:11
ぞんさん今日は。

私はムカデ以外はどうもないのですが
妻は虫全般を異様に毛嫌いします。

ジェットバスにしたかったのですが、が足りませんでした。
回りは温泉だらけなので気軽に外来入浴できるのが
南阿蘇の贅沢なところです。
              
木こりの妻
2009年06月02日 17:09
こんにちは。
まさに「遠い地平線が・・・」というフレーズがマッチする雰囲気ですね。
完成された演出だ~。素敵でしょうね。確かに、窓を開けたくなるかも。
考えてみれば、ムカデは飛んできませんものね。
いいかも・・・と一瞬考えてみたけど、私は巨大な蛾が苦手です
あっちゃん
2009年06月03日 19:56
木こりの妻さんへ 

普段からぼけーっとしてますが、お風呂では
×2でぼけーっとなります。
(昨夜も網戸を開けっ放しにして怒られました。)

南阿蘇・高森地区のん兵衛の会を早く企画してはいよ。
       

この記事へのトラックバック