シロツメクサ

 
 
 
              隣接する空き地一面にシロツメクサの花が咲いている。
 
 
画像

  
              雑草対策に管理者が種をまいたのか
              勝手に繁殖したのかは分からない。
              去年まではこんなに生えてなかったような気がする。
              やわらかい雰囲気に包まれてなかなかいいもんだ。
 
              鎖国時代、オランダからのガラス器などの緩衝材(プチプチの代わり)
              として使われたため「白詰め草」と呼ばれた。
              長崎の人間にとってはアジサイ(おたくさ)とともに
              歴史を思い起こさせる草花である。

 
画像

 
 

この記事へのコメント

あずみ
2009年05月24日 12:45
うちもお隣の空き地がそんな状態で。
瞬く間にうちの庭もそんな状態になりました。
かわいらしいけど困りモノ。
あっちゃん
2009年05月25日 14:04
  
庭の芝生も恐ろしい勢いで雑草に侵食されています。
自分達だけでは太刀打ち出来ず、シルバーさんたちの
パワーをお借りしています。
    
ボンちゃんと月
2009年05月25日 19:50
わぁ!!スゴ~イっ!!!!
私、シロツメ草と戯れるスポットを探してたんですぅ~♪

今度、しれ~っとそちらのシロツメ草スポットにお邪魔して、カメラ女子してるカモしれません
あっちゃん
2009年05月25日 23:15
ボンちゃんへ 今晩は、コメントありがとう。

阿蘇フリークのボンちゃんのことだけん
30日の「KABさわやかウォーク」には
当然エントリーしとらすばいね。

イベントが終わったらウチに寄ってはいよ。
  
ボンちゃんと月
2009年05月26日 21:18
バレました!?(●´艸`) むふっ★
30日は、カワイイカヨワイ女子4人でお弁当作って
参加しますっ!!(●´∀`)ノ

ってか、あっちゃんさんは、ご家族で参加しないんですか~!?
あっちゃん
2009年05月27日 12:21
ボンちゃんへ
 
そぎゃんやろー! 
わてらはどっちかというと救護班の方で頑張ります。(笑)
会場で美人4人組みを探してみます。
       

この記事へのトラックバック