芝生の手入れ

 
 
 
              連休を利用して伸びていた芝の手入れをした。


画像

 
              先ずは芝刈り機の歯の手入れから。
              ドライバーでロール式の内歯を取り外し砥石で歯を研ぐ。
              合わせて外歯を研ぎ、元通りに組み立てたあと
              内歯と外歯のすり合わせ調節を行う。
              面倒臭いがこれをやらないと、すぱっと気持ちいい切れ味が出ない。
 
              芝刈りは今回で3回目、少しずつ作業のコツが分かってきて
              ほぼ1日で200坪の芝生を刈り込むことが出来た。
              地面がでこぼこしているところはどうしても「トラ刈り」になってしまうが、
              最初の頃に比べると中々の出来栄えに満足している。
     
              作業が終ったあとは娘と裸足で駆け回って芝生の感触を楽しんだ。
              そのまま家に上がろうとしたら「コラッー」と妻が怒鳴った。


                           

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック