薪の調達

 
 
  
              週末は急に冷え込んだ。キリギリスの私は慌てて薪を調達しに行った。 
 

画像

  
              自宅から車で10分、別荘地の真っ只中にある「薪のこだま」を訪ねた。
              先日こだまのご主人と知り合い、注文していた薪を取りに行ったのだ。
              
              村内には多くの別荘やペンションがあり
              その殆どには暖炉や薪ストーブが設置されている。
              それぞれのオーナーは何らかの方法で薪を調達しなければならない。
 
              原木を切り出し、ちょうどいい長さに切り揃え
              斧で割り、積み上げて1年かけて乾燥させる。
              素人がこれを全て自分でやるのは先ず無理だろう。
 
 
画像


              お願いしていた薪は既に軽トラの荷台に積み込まれていた。
              軽トラを運転して自宅に帰り、せっせと外壁に積み上げた。
              気になる薪のお値段は、軽トラ一杯分で1万円。
              使う量にもよるが、ひと冬で軽トラ3~4杯分が必要だそうな。
              さあ今夜からガンガン燃やすバイ! 

  

この記事へのコメント

新城の シホ
2008年09月30日 17:10
 こっちもすごく涼しいです。
先生に男の子が誕生したのがビックリでした!
  ☆おめでとうございます☆
手術、成功!よかったですね。

来春、家が建つ予定なので「ほぉぉ」と口にしながらブログをみさせてもらってます♪
あっちゃんへ
2008年10月05日 10:41
シホさんへ 久しぶりです。コメントありがとう。

1週間出張していて、返事が遅れました。
息子の楽は手術後の経過はすこぶる順調で驚くほど体重が
増え続けています。

マイホーム計画中とのこと、一番ワクワクして楽しい時期ですね。
一つひとつの段階で安易に妥協せず、納得の行くまで考え抜いて
自分達にピッタリの住まいを実現して下さい。
 

この記事へのトラックバック