怒涛の現場

 
 
 
              6月8日(日)オープンハウスが決定し、現場に拍車が掛った。
 
 
画像

 
              主寝室の木工事が終了した。
              アーキテクト柳瀬さんが言うところの
              「ホワンとした」和紙が壁・天井に張られている。
              あとは作り付け家具の組み入れ、太鼓張りの障子や襖の搬入
              照明、スイッチの設置で完成だ。
              美しい木目にうっとりさせられる。

 
画像

  
              我が家のトイレ。ウォシュレットはまだ無い。
              「シティホテルの上質な包まれ感のあるトイレを再現したい」
              という要望にそったデザイン。
              またしても「ホワンとした」ほの暗い間接照明や
              引き戸を開けた時に直接便器が見えないようにする衝立
              そして便器に対面する壁には大谷石パネルが張られた。
              室内に「石」が入り込むことによるインパクトを狙っている。

 
画像

 
              外ではウッドデッキのセランガンバツの割り付けの打ち合わせ中だった。
              横で聞いていると柳瀬さんからは「ミリ単位」の指示が出ていた。
 

              
      
              

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

saga-ra
2008年05月26日 07:37
おはようございます。
毎度の楽しい打合せ時間や差し入れ,ありがとうございます!
Sさんが一番きつくバタバタするときですが,電話等で密に連絡を
取り合っていますのでご安心ください。

7/5の祝宴,参加させて頂きます♪
(7/6の午前中早くに帰れそうなので大丈夫でした。)
今後とも,宜しくお願いします。
あっちゃん
2008年05月26日 17:36
saga-raさん、こんにちは、コメントありがとう。

昼休みにチラッと現場をのぞいて来ました。
漆喰の仕上げ作業中でしたが、流れるような手さばきと
仕上がりの美しさに惚れ惚れします。

7/5は本当に楽しみです。現場で苦労した皆で
大いに飲んで、食べて盛り上がりたいですね。
忙しい中、「万障お繰り合わせ」ありがとう。

この記事へのトラックバック