屋根工事①

 
 
              ガレージとプライベート棟の屋根が葺かれた。
 
 
画像
 

              我が家の屋根はガルバリウム鋼板葺きである。
              本当は数寄屋建築や神社の本殿に見られる「銅版葺き」、
              あるいは「チタン葺き」をやりたかったのだが
              お金が幾らあっても足りないので、グッと理性を働かせた。            
 
 
画像

  
              柳瀬さんが指定した鋼板は日鉄住金鋼板(株)の
              タイマフロンGLというものだ。
              担当の坂本君によると一般住宅よりは公共建築で
              使われることが多い屋根材だそうだ。
              メーカーの20年保障は頼もしい。
 
              36cmピッチの垂木に合わせたたてはぜ葺きの黒い屋根は
              とても精悍な印象だ。
              これに艶か雨樋が付いたらメチャクチャかっこよかバイ!
 

              

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あずみ
2008年01月17日 12:04
初めまして。いつも楽しく拝見させて頂いています。

「切妻」「ガルバ」「たてはぜ」・・・シャープで素敵ですね。
こだわりの樋で、さらにキリリと締まるはず!楽しみです。

私も(片流れではありますが)「ガルバ」「たてはぜ」で建築中です。
勾配が二寸であるためなかなか姿を見ることが出来ませんが。

あっちゃんさんのブログに出会ってから
家づくりのみならず様々なことで刺激を受けています。
「自分はなんて生温いことばかり言っているんだ」と
一度は落ち込んだほどです。

突然のコメント、そして拙い文章で申し訳ありません。
これからも「Euridice」の成長を楽しみにしています。
あっちゃん
2008年01月17日 22:10
あずみさんへ

初コメント本当にありがとうございます。
このようなお褒めの言葉がブログ更新の「糧」なのです。
 
数年前、南阿蘇という素晴らしい地に出会って以来、
様々な紆余曲折を経て、昨年遂に私たちの住まい造りが
スタートしました。
一生(ほぼ)一回の住まい造りです。
私は住まい造りをトコトン楽しもうと決意しました。
農地取得、農地転用建築家に設計依頼、
工務店選定、工事スタートetc・・・。
兎に角、全てが楽しい!

その過程の楽しさを読者の方々に感じて頂けたらと思っています。
これからもコメントをお寄せ下さい。ありがとうございます。

追伸;妻のブログ「たのしいまいにち」
   http://tanoshii-watera.at.webry.info/
   もよろしく。

この記事へのトラックバック